2022.5.6

現場の様子

プレカット工場見学

こんにちは、建築管理部の藤間です。

本日は先日クラッセのメンバーで訪れた、和歌山県のプレカット工場の様子をお伝えします

「きのくに林産加工センター」さんに訪れました。

私自身プレカット工場に来たのは初めてだったので、見るものすべてが新鮮でとても楽しかったです。

とにかく広い!

わかりにくいですが、コーディネーターの池端さんが小さく見えます。

 

柱、梁などの構造材、合板を機械に通して加工をします。

1本、1枚がほんの数秒で加工できます

一昔前は大工さんが加工していたと思うと、技術の進歩はとてもすごいなーとしみじみ感じます。

これは実際の土台、剛床の写真です

剛床の角の部分は柱が来るのでカットしています。

剛床の下にちらりと見えている土台の、柱が来るところに

ホゾ穴加工がしてあります。その付近には大引きがかかるように

蟻掛けの仕口加工がしてあります。

これを一つ一つ組み立てていって

家の骨組みが出来ているのです。

今回の工場見学はとても勉強になり、とてもためになりました。

これからもお客様に喜ばれる家作りに励みたいと思います。

最後にもう一度池端さんです(^^♪