2020.7.29

現場の様子

棟上げ日和☀

こんにちは、建築管理部の藤間です。

本日は、先日無事に棟上げをした現場を写真に収めてきましたので、

その様子をお伝えしようと思います。

棟上げとは、基礎工事が終わり

家の枠組みを組み始め、最後に家の一番高い部分の材料「棟木(むなぎ)」を取り付けることを指します。

別に「建方」「建前」「上棟」とも呼びます。

まだまだ、朝一番の段階、これから柱、梁等を組み立てていきます。

だんだんと家っぽくなってきました。

無事に棟木を取り付けることができました。

最後に外周をブルーシートで囲い、雨養生をして、

屋根にルーフィングと呼ばれる防水シートを張り付けて

無事に棟上げが終了しました。

これから本格的に、外壁、屋根、内部設備等々工事が進み、一軒の立派な家に作り上げていきます。

無事に、そしてお客様に喜ばれるような家になるように頑張ります。

無料相談会を予約する