2020.5.21

インテリア, 建築士

ちょっとした”隙間”

 

こんにちは♪
設計アシスタントの房安です😊

今日はニッチについてです≈

そもそもニッチとは?

ニッチとは英語で”隙間”を表す意味として用いれられており

建築用語としての意味は壁の一部をくぼませた部分の事を言います!

そのできたくぼみを利用し雑貨小物やグリーンなどのインテリアを飾るスペースに

◊◊

では、皆さんどのような場所に設けているのか?
またまた弊社の施工事例の写真を交えてご紹介します∇

まずは

玄関

玄関に設けると色々な鍵置きや何かと小物置に活躍してくれます!

また写真のように記念になる家族の手形を残したりなんかもできちゃいます◊

ニッチが額縁の役目をしてくれるので一つのアート作品になりますね≈

続いては

LDK

LDKは主にインターホンと照明のスイッチを設けることが多いです∇

インターホンは普通に設置するとどうしても壁から少し出てしまいますが

ニッチのくぼみに設置するとすっぽり納まってくれて

見た目もスッキリ見えますね😊

最後は

キッチン

キッチンでは対面の場合、腰壁にワンポイントとして設けます∇

サイドに設けて雑貨小物やグリーンを🌳

また、キッチンの内側に設けると塩、こしょうなどの小さい調味料なら置くことができます◊

向こう側からは見えない位置になるので安心です(笑)

また、こちらのお家ではキッチンの腰壁を利用しカウンターを設けてデスクスペースに、

その前にワンポイントで広めのニッチを≈

お気に入りの本を置いたりグリーンをおいたり何を飾ろうか迷いますね◊

 

ちなみに∼∼

ニッチの中だけアクセントクロスを貼るのも可愛くておススメです🤭

なかなか一面に貼るには勇気のいる柄物などの派手なクロスを

ニッチにアクセントとして◎

小さい面積なのでそこまで躊躇せずに使って頂けると思います≅

お部屋のクロスを決める際に迷ってやめてしまったものなど

使ってみてはどうでしょうか🌞

お読み頂きありがとうございました∗

 

無料相談会を予約する