2021.11.9

現場の様子

制振ダンパー evoltz

こんにちは、建築管理部の藤間です

本日は、先日、制振ダンパーevoltzを施工した現場の様子をお伝えします

evoltz(エヴォルツ)は世界有数の自動車メーカーが採用するビルシュタイン社のショックアブソーバーの原理をベースに、木造住宅の制振装置として開発された世界レベルの高性能、高品質を実現した制振ダンパーです。

evoltz(エヴォルツ)なら、制振をより高性能にした超バイリニア特性(特許取得)※で、繰り返し発生する小さな余震からダメージを吸収し、分散します。

※バイリニア特性とは、制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を傷めることがないように考えた特性。

何やらすごそうなのですが、

施工した状態がこちらです

柱の上部に斜めに取り付けられているのが

evoltzです。長いL220と短いS042を数か所決められた箇所に施工します

下の動画は実際に地震が起きた時を想定して

仮に躯体を組んでevoltzを取り付けて、効果を確かめた時の様子です

 

途中の「カチッ」の音で

evoltzが効いている状態と、そうでない状態が分かります

振動的には同じ大きさです

全然違うのが分かります!!

家を建てるときはご参考にしてはいかがでしょうか。