ALL
MENU

アトリエ・クラッセの性能

住宅性能について

耐震 耐震等級3相当が標準仕様、
耐震等級3の対応も

アトリエ・クラッセでは、標準仕様で耐震等級3相当の地震に強い注文住宅づくりを行っております。
(※設計プランにより耐震等級3相当の取得が難しい場合があります)
耐震等級3相当とは、耐震等級3に相当する性能はありますが、「住宅性能評価機関」へ検査の申請をしておらず、正式な認定を受けていない建物のことを指します。
耐震に強度を高くしたいお客様には、耐震性能3の対応もさせていただきます。(※設計プラン・仕様により別途オプション費用が発生します)
また耐震ダンパーなどの実績もございます。

「耐震等級3」とは

耐震等級1の1.5倍の地震に耐えることができる性能・耐震強度水準です。
住宅性能表示制度で定められた耐震性のなかでも最も高いレベルの等級であり、一度大きな地震を受けても ダメージが少ないため地震後も住むことができるほどの耐性です。
災害が発生したときに救護活動や災害復興の拠点となる消防署や警察署の多くが耐震等級3で建設しています。

アトリエ・クラッセでは、耐震等級3にも対応しています。
※設計プラン・仕様により別途オプション費用が発生します

断熱 吹付やグラスウール、
セルロースファイバーなど
様々な断熱材から選択可能

アトリエ・クラッセでは、プランに合わせて、断熱材を設定しており、お客様とのお打合せで最適な断熱を選択いただけるようになっております。
※ベーシックプランの標準仕様は吹付断熱材を採用

「セルロースファイバー断熱材」とは

アトリエ・クラッセでは数多くのメリットがある、業界でも最高級の断熱材「セルロースファイバー」を使用しています。
セルロースファイバーの特徴として断熱性・吸放湿性・防音性・防火性・防虫性と、地球や人に優しいエネルギー資源です。高い断熱効果により、夏は涼しく、冬は暖かい家を実現します。
また、湿気を吸うため快適な湿度を保つことによって結露やカビを予防し、家が腐ることを防ぐ事が可能になります。
他にもシロアリやゴキブリなどの害虫予防にもなり、高い防音性・防火性で火事に強いため静かに安心してお過ごしいただけます。

※設計プラン・仕様により別途オプション費用が発生します

気密 断熱性を高めるため、
家の隙間をなくす高気密住宅

アトリエ・クラッセでは、断熱性を高めるために、C値を全棟で測定して気密性を確認しています。家の隙間を減らすことによって冷暖房が効きやすい住宅となるため、夏は涼しく・冬は暖かくなります。また全ての窓にはアルミ樹脂複合LowーEガラス アルゴンガス入を採用し、家全体の断熱性能を大幅に改善しています。
※ベーシックプラン以上のプランに限り全棟でC値1.0以下目標

高気密の指数を表す数値『C値』

その隙間がどのくらいあるのかということを測定する際に表される数値のことを「C値」といいます。
このC値は、数値が小さくなるほど高気密と言えます。

数値が低くなるほど断熱性能が上がり、外から熱気や冷気が侵入しないので、家中どこでも温度ムラのない快適な室内環境を維持することができます

※設計プラン・仕様により別途オプション費用が発生します

24時間換気システム 高気密住宅の空気をまるごと換気

アトリエ・クラッセでは、室内を24時間快適に保つ第3種ダクト換気方式(ルフロ)を標準仕様で採用。省エネルギーで高い換気能力を備えているため、ランニングコストを抑えることができます。またメンテンスは専用の工具は不要で、誰でも簡単にお掃除ができます!

外壁 光触媒コートの外壁「光セラ」

雨水と太陽の力で綺麗な状態を保つ、光触媒の外壁「光セラ」を標準仕様として採用しています。光セラは紫外線に強く、色あせや日焼けを抑えます。

省エネ ZEH住宅で、
環境にもお財布にも優しい家

アトリエ・クラッセでは、ZEH(ゼッチ)住宅対応が可能です。ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」の略で、暮らしていくなかで使用するエネルギーを、創りだしたエネルギーで収支をゼロ以下にする考え方のことです。

ZEHの定義

断熱性能等を大幅に向上させ、効率の良い設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現(省エネ基準比20%以上)し、再生可能エネルギー等を導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅のこと。
水道光熱費がゼロ円になることではなく、エネルギー収支がゼロとなるのがZEHである。

※設計プラン・仕様により別途オプション費用が発生します

お問合せ

「アトリエのホームページを見て」と
お気軽にお電話ください

0774-25-5333

営業時間:AM10:00-PM7:00