設計事務所で家を建てる
メリットとデメリット

設計士と直接相談し、一緒に考えます

設計士と話をすることなく家を建てるというのは、 お医者様と話をすることなく手術をするようなもの…。 ちよっと恐ろしい話です。家を知り尽くした設計のプロと直接打ち合わせができるからこそ、 断熱性や耐震性・メンテナンス性なども考慮した、 住みやすくてちょっとカッコイイお家づくりができます。

メリット1

設計士3人のチーム設計

お客様には1名の担当設計士が付きますが、設計プラン作成は3人以上のチームで行います。チームで設計を行うことによっていろいろなアイデアを出し合い、お客様の好みにより近いデザインや使いやすい間取りをご提案できます。

メリット2

やれることは自分たちで

ローンのこと・申請閱係・現場掃除・土地探し・家具選び・アフターメンテナンス・見積もり等、申請や書類集めから、材料仕入れや工事、リフォームもすべて自社で行います。自分たちが設計したものを自分たちの手で責任をもって施工し、より安くより安心できる材料を選びます。

メリット3

必要最低限な人員で大幅にコストカット

営業マンは最低限の人数で担当し人件費を抑えています。また、豪華なモデルハウスもございませんのでの建設費や維持費、展示場の出店賃料など、見えないところで大きな金額をコストカット。 それら全てを力ットすることで、よりコストパフォーマンスの高いお家をご提案できます。

メリット4

極端なデザイン重視の建物は設計しません

風通しや光の計画、断熱性や耐震性・メンテナンス性は必要不可欠な要素と考え、自信をもっておすすめできる範囲でご提案いたします。特殊な構造や作品のようなお家をご希望な方は建築 家の事務所をご紹介いたします。

デメリット1

設計中のご依頼が集中するとご対応応にお時間頂く事がございます

設計士の人数が限られておりますので少々お待ちいただく場合がございます。

デメリット2

常に見れるモデルハウスや、豪華なカタログ等はございません

アトリエ・クラッセでは完成見学会にご案内する事はありますが、常に見られるモデルハウスはございません。また、豪華な商品カタログやパンフレット等もございませんので、住宅雑誌等でのお打合せとなります。

デメリット3