2018.12.14

スタッフ日記

受け継がれるものと新しいもの

こんにちは、コーディネーターのカンザキです。
秋もおわり、いよいよ冬が本格的になってまいりました。。
平日のお昼の休みに時間があると、たまに京都の気になっているスポットに足を運びます。
自分が京都市住まいなので、京都市が中心になりますが。。

先日は、フォーエバー現代美術館に行ってまいりました。
祇園四条の近くにありますよ。
https://fmoca.jp/

なんと、来年の2/28までの、限定開催だそうです。涙

世界で有名な日本の作家の草間彌生さんの展示が行われていました。

作品の迫力はもちろんですが、展示の空間にとてもよく、感動しました。
畳のお部屋に、壁や照明などがきれいに補修されており、
お寺のような空間なのに、現代らしさも取り入れられていて落ち着いた気持ちになれましたよ(^-^)

また、空調などにも気を使われていました。

展示を回っている中には館内カフェも。
建物は、伝統的なのに、カフェはやはり現代風で、照明などもインダストリアル系なんだ~!と思っていたら、
大阪の北浜で有名なノースショアでした。
伝統的な空間に、流行のものを取り入れられるのは、京都らしく良いですね!

アトリエクラッセ一級建築士事務所では、新築をメインに、建て替えなどの案件も承っております。
どちらにも良さがございますね(^O^)

また、新築を建てられるお客様も、引っ越し前のおうちの家具や照明を一部はそのまま入れ、
一部はクラッセファクトリー扱いの家具を取り入れられるお客様も多くいらっしゃります。

良いものは長く使い、新しくするところは思い切って新しくすると
暮らしやすいおうちができていくのではないでしょうか(‘ω’)!