2020.4.30

現場の様子

天窓のある家

こんにちは! 建築管理部の崎間です(^^)/
昨日、今日とお天気が続いて
気温もあっという間に25度と
暖かいを通り越して少し暑いぐらいですね💦

寒暖の差もあって
外への服装や体調管理に気を付けたりと
季節の変わり目を感じます。
まだまだ自粛期間は続きそうですが
皆さん、頑張りましょう!

さて、
本日は天窓についてご紹介します(*^^*)
(アトリエHP、施工事例より)

京都という土地柄
隣地との間にゆとりをもてなかったり
お隣さんの窓やバルコニーに面していたり
すぐ隣が3階建てで日差しがない。。。
なんてお悩みはよくあるかと思います。

また、建築基準法でもリビングや主寝室などは
窓からの光を確保するように定められています。

リビングなんかは、特に、暗くて照明器具が必須!よりも
自然光が入って明るいと気持ちが良いですよね。

部屋の周囲に窓をつけれない、むしろつけたくない!
という場合に天窓はぴったりです(*^^*)

太陽の自然光はもちろん、
時間とともにかわる空や
種類によっては、窓を開けて
風を取り入れることもできます。

さらに、先の建築基準法でも
天窓の方が大きな掃き出し窓よりも
ひかりを取り入れるとされています。

そんな天窓の施工後すぐはこんな感じです。

通常、サッシは棟上げをして10日後など
マグサ・マド台を施工してからになりますが
天窓だけは棟上げといっしょに施工します。

というのも!
屋根部分に天窓の部分だけ開けておくと
雨が入らないようにするのにひと苦労があり、
開けないにしてもくりぬくのもひと苦労です。
その後も、天窓を屋根まであげて、取付る作業が
それはもう大変です…!

ところが、棟上げの日であれば
レッカーを利用して屋根まで一瞬✨
雨の心配もありません!

吹き抜けへと光があふれて、かなり明るいです。
明るさが気になる方は
天窓を検討してみるのもいいかもしれません。

お気軽にご相談、お待ちしています!

無料相談会を予約する