2020.5.2

打合せ, 現場の様子

表情豊かな・・・

こんにちは!!

建築管理部の柴田です

ようやく寒さも和らぎ心地よい暖かさの日々がやってきましたね

自粛、自粛も疲れますね

アトリエクラッセではゴールデンウィーク中も休まず営業しています

予約制のオープンハウスもゴールデンウィーク中でも見学出来ます

『オープンハウス予約 アトリエクラッセ 0774-25-5333』

表情豊かな無垢材・・・ほんとっカワイイ、カッコイイですよね

より良い無垢材を探して様々なメーカーや製材所、原木屋さん等と打ち合わせを重ねます

「無垢材」と言っても材種は様々

100種類以上はあるのではないでしょうか

その中から

『カッコイイ、表情が豊か、人気、おもしろい』や『供給の安定、良品質、適正価格、不具合の有無』

それらを踏まえ選定し、お客様のもとへお届けしています

床の無垢材の打ち合わせ中です

木目、年輪、節、色合い、どの床材も表情豊かです

床の場合、無垢材以外の素材でよく使われるのが集成材です

集成材とは、薄くした木版を接着剤で張り合わせ、ブロック状にした木材のことです

分かり易く言うと人工的に作られた木材ですね

それに対して、自然な木材といわれるのが「無垢材」です

無垢材は、丸太から切り出した自然な状態のままの木材のことをいいます

集成材は木版を張り合わせて作るので、品質が安定しています

無垢材は切り出したままの木材なので、品質にはばらつきがありますが、ひとつ一つの木材の表情が豊かなのが特徴です

人気のアカシアはマメ科の植物。心材(幹の中央に近い部分)と辺材(幹の周囲に近い部分)の色の差が大きく、色の濃淡が楽しめるのがアカシアの特徴です。硬く、衝撃にも強い木材であることも知られています

 

和柄で人気の無垢フローリングと言えば、みなさんご存じです

写真手前がアカシア、奥がです。は柔らかいという特徴があります

その理由は、空気を沢山含んでいるということです

素肌で触れると、「温もり」が感じられますがこれは、が温かいのではなく

自分の「手の温もり」が、杉材の空気層に跳ね返って、自分に戻ってくるからなんですね

それがアカシアの独特な温もりです。

 

木の温もり、家族の温もりが感じられる住宅を造っています