2020.10.6

お役立ち情報

リビング階段のメリットデメリット

こんにちは!企画部の畑原です^^

今日は流行りのリビング階段についてお話しします。

一昔前は廊下にあるのが一般的だった階段ですが、今はリビングにあるお家が増えてきていますよね。

リビング階段は吹き抜けとの相性がいいから、という理由もあると思います。

リビング階段のメリットはもちろんたくさんありますが、デメリットもあるんです。

両方理解したうえで、ご自分の暮らしにあった方を選択してくださいね^^

リビング階段のメリット

最近はリビングの顔にもなるようなおしゃれな階段が増えてきています✨

一昔前の暗い雰囲気の階段とはかなり違った印象ですよね!

リビング階段のメリットはどんなところでしょうか。

リビング階段のメリット①部屋が広く見える

設置する位置にもよりますが、リビング階段がリビングにあるのとないのとでは、視覚的に広さが全然違います。

吹き抜けにするとより部屋が広く見えますが、階段だけでも違いがわかりますよ^^

同じ間取りで、部屋が広く見えるのならリビング階段にした方が良さそうですよね!

 

リビング階段のメリット②部屋がオシャレになる

今は階段も立派なインテリアです✨

おしゃれな階段があるだけでリビングの雰囲気もガラッと変わり、空間が広く見えるのと相まって素敵な空間を演出してくれます^^

アイアンの手すりにしたり、スケルトン階段にしたり…お部屋の雰囲気に合わせて階段も選んでみてはいかかでしょうか。

昔の階段といえば暗くてじめっとした印象でしたが、リビング階段にすればそれも解消され、明るく快適な空間になりますね。

 

リビング階段のメリット③家族が顔を合わせやすい

私も家を建てたときにはこの理由でリビング階段を進められました^^

リビングに階段がある、ということはほとんどの場合リビングを通らないと二階に行けません。

子どもが大きくなったら二階に部屋を設けることがほとんどだと思うのですが、思春期で子どもとのコミュニケーションが希薄になる時期でも家族が顔を合わせることができるので安心です。

 

リビング階段のメリット④二階とのコミュニケーションが取りやすい

吹き抜けと組み合わせればより顕著になりますが、1階から2階にいる子供を呼ぶときなどに声が届きやすくなります。

私も学生の頃は下からよく「ご飯できたよ~!」と呼ばれていたのですが(笑)そういったやりとりがスムーズです。

わざわざ廊下に出なくていい、キッチンからでも呼べる、というのはお母さんにとっては楽ちんなのです♪

 

リビング階段のデメリット

ここまでリビング階段のメリットをご紹介しましたが、それに付随するデメリットももちろんあります。

順番にご紹介しますね!

 

リビング階段のデメリット①プライバシーの確保が難しい

いつでも家族と顔を合わせられることはメリットでもありますが、同時にデメリットにもなりえます。

私の実家はリビングの外に階段があったので、親と喧嘩した時や顔を合わせたくない時はリビングに顔を出さずによく自室に行っていました。

思春期の頃は特に親と顔を合わせたくない、親にばれたくない、みたいなこと、ありますよね?(笑)

そういった時でもリビングを通らなければいけない、というのは苦痛になってくるかもしれません。

また、階下の音も聞こえやすくなるので、家族の気配が感じられやすいです。

 

リビング階段のデメリット②来客時のプライバシーがない

子どもの友だちが来た時など、リビングを通らなければいけないので一番散らかりやすいリビングが丸見えになってしまいます。

常にきれいを保てるならいいのですが(^-^;忙しいとなかなかそうもいかないですよね。

休日はだらだらしているときもあるでしょうし、そういった時に子供が突然友達を連れてきたら…といった不安もあります。

反対に子供が年頃になってくると、昼まで寝ていた子供が降りてきたら親の来客が…😂なんてことも。

お互いに気を遣ってしんどくなってしまうかもしれません。

 

リビング階段のデメリット③音や匂いが漏れやすい

先ほども書きましたが、思っている以上に1階の音が響きます。

晩御飯に食べた焼き肉のにおいが2階まで…というのも普通にあります。

吹き抜けがない場合は、階段に扉を付けるなどすれば防げるかもしれませんが、間取りも変えなければいけなくなる場合もあるので注意が必要です。

 

リビング階段のデメリット④冬は冷気が下りてきて寒い

暖房をつけていても、リビング階段だと二階からの冷気が下りてきて、部屋が暖まりにくくなります。

今の家は高断熱高気密のおうちも多いので、そこまで寒さを感じない、という場合もあるかもしれませんが。

私の家は、階段前にいるとやはり冷気を感じます。

部屋も暖まりにくいので冬は階段にのれんを付けていますが、これだけでもだいぶ違いますよ^^

 

まとめ

リビング階段のメリットとデメリットについてご紹介しました。

私自身もリビング階段ですが、今思うと「プライバシーがなくなる」というのが一番デメリットだったな…と感じています💦

匂いや音、冷気については対処法がありますが、リビング階段にしておいて”リビングを通らない”というのは無理な話ですよね。

今はまだ子どもが小さいのでいいですが、思春期になったらお互い不便だろうなぁ~と思ってます(笑)

メリットとデメリット、どちらがご家族の暮らしにとって大きいか、考えるきっかけになればうれしいです^^

当社の施工事例にもリビング階段がたくさんありますので覗いてみてくださいね♪

お問い合わせはこちら

 

============================

 その他、アトリエ・クラッセのSNSアカウントはこちら⇩ 

◆アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所 Instagram

◆アトリエ・クラッセ【工事風景 専用】 Instagram

◆クラッセ・ファクトリー Instagram

◆クラッセ・ファクトリー【家具 専用】 Instagram

◆クラッセ・ファクトリー【カーテン 専用】 Instagram

◆クラッセ・ファクトリー【インテリア 専用】 Instagram

◆Youtube【見学会や上棟の様子】 Youtube

============================