2021.9.11

現場の様子

カーポート設置しました!!

みなさんこんにちは

建築管理部の福田です。

9月になりましたがまだまだ暑い季節ですね・・・🌞🌞

暑い季節になると外仕事がどんどん辛くなってきます・・・

早く涼しくなることを願いながら仕事をしています。

さて今回はカーポートの設置についてお話していきたいと思います。

カーポートを組み立て方にはいくつか方法があります。

柱を先に建ててしまってから、屋根を組み立てる方法

メリット・・・最初に柱をコンクリートで固めるので屋根を組み立てやすい。

デメリット・・・寸法間違い・位置間違いなどがあった場合手直しが大変。

カーポートを寝かせた状態で組み立てる方法

メリット・・・カーポートを寝かせた状態で組み立てるので施工はしやすい。初心者でも割と時間がかからないかも。

デメリット・・・カーポートを起こすのが初心者は難しい。設置場所に作業スペースがないとできない方法。

柱を支えておいて屋根まで組んでからコンクリートで固める方法

メリット・・・設置場所のスペースが狭い場合に有効でシビアな位置出しが可能。

デメリット・・・支えをしっかりとしておかないと組み立ている最中に倒れて危険。

今回は①で作業をおこないました!

まずは柱を埋めるための基礎穴を掘っていきます。

硬い岩盤などがある場合は、ハツリハンマーを使って掘り進めます。

強度を保つため、柱の埋め込み深さや穴の広さはそれぞれ商品によって定められています。

基礎穴が完成したら、そこに次は柱を建てて柱まわりにモルタルを流し込んでいきます。

柱が垂直に立っているか水平器で確認しながら、レベルを調整します!

モルタルは少しずつ固まっていくので時間との闘いです。

柱の設置が完了したら次に骨組み作業に移ります。

モルタルが十分に乾いてから柱と柱を梁や母屋で繋いでいきます。

後はアーチを取り付けていきます。

これでカーポートの骨組みが完成です。

最後に屋根パネルを設置して完成ですね。🎉🎉

屋根パネルが弱い風で飛ばされないように、アーチカバーと側枠カバーを、パネルのフィルムを外しながら取り付けます。

屋根パネルは、カバーとパネルの隙間から雨が漏れないようシーリング材で、しっかりと防水処理を施します。

1枚ずつしっかりとはめていき、全体のパネル張りを終えたら完成です。

いかがでしょうか?

なかなかカーポートの設置方法を見る機会がないと思いますがぜひ一度見学してみてくださいね。