2019.10.7

お役立ち情報, 建築士

空間を演出する吹抜

開放感のあるリビング階段

こんにちは! 設計士の髙士です。

今回は空間を広く演出する、吹抜についてお話します。
限られた空間でも、吹抜があるだけで空間の広さの感じ方が変わります。

吹き抜けは、家族間のコミュニケーションが取りやすく、家族の気配を感じやすいというメリットが生まれます。

吹き抜けをつけないと1階や2階が繋がらず、閉鎖的な空間となってしまいます。その結果、リビングに人が集まらず、コミュニケーションを取る頻度が下がってしまいます。

一方で、吹き抜けがあることで開放的な空間になり、リビングに集まりやすくなるでしょう。また、リビングに階段を設置する「リビング階段」と併用することで、家族の外出時や帰宅時にも声をかけるということも可能になります。

この他にも、高さを生かして吊り下げタイプの照明器具を配置する、上下階がつながった壁一面にタイルなどを張ってアクセントウォールにする、といったダイナミックなインテリアを楽しむこともできます。

天井を高く、見せ梁を配置してゆとりある空間を作ってみませんか?