2019.12.13

現場の様子

地盤改良とは?

こんにちは
工務部です!

気温が10°を下回り
冬物のコートやマフラーなどの
防寒具が活躍する季節です。

現場周りとして
外に出ることが多いので
防寒具は命づな!!

その中で防寒し辛いのが足下、、、
個人的には、二重に靴下を履く!
というのを実践しています。
1枚目に5本指のものを履くのが
小さなこだわりです(*^_^*)

さてさて
建物の足下といえば基礎!と
思うことも多いですが
さらにその下には地面があります。

地面が硬いのか弱いのか
不動沈下はおきないか

プランした図面をもとに
建物の真下の地面を調査し
必要な場合は地盤改良をしていきます。

例えば、柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)
という建物の柱の下、地面の中にも
柱をつくる改良方法です。

写真のように、大きな重機で
セメントを地中に注入しつつ
余分な土はだして柱をつくります。

このセメントの柱は
長いときには4mも深いこともあります。
それは、建物を支えるために
硬い地盤まで深くするからです。

地面も大切な家造りの一部。 まずはお気軽に無料相談から!(^^)!

無料相談会を予約する