2020.10.9

現場の様子

基礎施工の様子

こんにちは!
建築工務部の小出です。

今回は私が担当させていただいておりますT様邸の現場の様子をご紹介したいと思います。
丁度基礎が出来上がったところなので、その様子を順を追って紹介いたします。

ちなみに基礎とは簡単に言いますと、建物の荷重を基礎を介してバランス良く地盤面に伝えることで、安全に建物を支えるための構造物となります。
鉄筋コンクリートで造られています。

と言うだけあって、建物にとってかなり重要な部分となるので、施工前には設計チームや材木屋と入念に打ち合わせを行います。

施工に際して、工事の安全をお守りいただくお札(方除け)を設置します。工事中ずっと見守ってくれていますよ!

   

 

 

先ずはじめに基礎の高さ等打ち合わせをした後、重機を使って土を掘削するところから始まります。

 

 

 

次に砕石(砂利)を敷いていきます。これは掘削した地盤面を安定化させるためです。

 

 

 

その日のうちに↓の状態まで仕上がりました!基礎屋さんの手際の良さに感心です!

 

 

後日、上に鉄筋を組んでいきます。

 

 

 

熟練の職人による素早い仕事でみるみるうちに組みあがりました。美しさすら感じます!

合い間を見て、土地の守護、基礎が盤石になることを祈願して鎮め物を埋めます。

 

 

 

全ての準備が整いました。いよいよコンクリートを打設します。先ずはベースと呼ばれる基礎の床にあたる部分に流し込みます。

 

 

 

 

数日置いて乾燥させてから、立ち上がり部分にも打ちこみます。この立ち上がり部分の上に一階の壁が設置されることになります

                                

 

立ち上がり部分も同じく数日置いて乾燥させます。その後型枠を解体撤去します。

 

 

今後何十年も建物を支え続ける基礎がついに完成しました!!

 

 

 

ここからは大工さんの出番となります!

またの機会にそちらの様子も随時ご紹介していきますのでお楽しみに!!

 

 

無料相談会を予約する