ALL
MENU

ブログ

施工事例・プラン例

壁一面の窓で庭とLDKがつながる家

2022年9月22日

こんにちは!設計部の房安です。

少し前にアシスタントで担当させて頂いたお家をご紹介します。

なんといってもLDKの開放感が特徴的なお家です。
南面には大きなガラス張りの窓、構造材の梁と柱を意匠的に見せるかたちで、緻密に計算された設計士のこだわりポイントです。

さらに天井も屋根の下地材、構造梁を意匠的にみせ、外部の屋根と中が繋がって見えるようになっています。

庇を付けたり大屋根の軒の出を出すことで夏の直射日光を遮ることができます。
冬は暖かいお日さんが入り気持ちよさそうです。
また、リビングから外へ繋がるようにウッドデッキを付けました。
お庭でお子さんが遊ぶ姿を見たり、のんびり日向ぼっこもよさそうですね。

このお家は気密処理と第3種ダクト方式の換気ルフロを採用しております。
窓は熱の出入りが一番大きな部分ですが、これだけ大きな開口部があっても、気密処理を行うことで外部からの隙間風をなくし部屋内の温度を一定に保ちます。空調の効きも良くなります。
換気は各居室と水廻りにダクトをまわし、お部屋のよどんだ空気を一箇所にまとめて外へ排気します。
そのため部屋の空気は常に綺麗に保たれます。

内装は設計ポイントの構造美を活かす為に全体的にナチュラルで統一しました。
LDKにはアクセントクロスを使用せず、塗装やタイルなどの異素材を組合せオシャレにしました。

1階和室と2階寝室には造作建具を採用、デザインを任せて頂きました。
ナチュラルテイストな為、どちらもあまり「和」に寄りすぎないようにと考え、桟の数を減らしシンプルかつ今風の障子をデザインしました。

照明器具もこだわり、内装の邪魔をしないように、テレビ面には間接照明、ダイニングには吹き抜けの壁を利用し空間のアクセントにもなるペンダントライトを採用しました。

書き出すときりがないですが、素敵なお家に仕上がりました。
お客様にも喜んで頂きとても嬉しかったです。

また各種SNSも更新しております!こちらもあわせてご覧ください。
施工事例や工事現場の様子など弊社の情報を更新しています♪

◆アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所 Instagram
◆アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所【工事現場の様子】Instagram
◆クラッセ・ファクトリー Instagram
◆Youtubeチャンネル Youtube

こちらの記事も人気です

何から相談したらいいのか
わからなくても大丈夫です。
まずはお気軽にご相談ください。

お問合せ

お電話もしくは
下記からフォームにご記入ください。
追って当社から
ご連絡させていただきます。

お電話から

0774-25-5333

営業時間:AM10:00-PM7:00
「アトリエのホームページを見て」とお電話いただければスムーズです。

問合せフォームから

いつ送信いただいても構いません。
折り返しお電話で内容や
無料相談会の日程確認等を
させていただきます。