2022.2.24

建築士

城陽市寺田大谷 10区画(8号地)の参考プランのご紹介

城陽市寺田大谷 10区画(8号地)

こんにちは!

アトリエ・クラッセ 設計士の熊谷です。
まだ寒い日が続いておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は弊社が2月11日に分譲をスタートした『城陽市寺田大谷(10区画)』を取り上げたいと思います。
この分譲地は「穏やかに子育てができる高台の街」というコンセプトの通り、子育て世帯におすすめの分譲地となっています。

城陽市寺田大谷 10区画(8号地)

まず外観は白・黒・木調の三系統を使用し、互いの色合いを引き立たせる配置としました。柱や梁で枠を作ることにより、家全体を大きく見せる工夫をしています。

内観はナチュラルテイストに仕上げ、心も体もリラックスできるような空間になっています。具体的にはつながりと広がりを感じられるように、玄関とLDKを扉で仕切らないように設計しました。

また様々な場所に窓と植栽を配置し、家のどこにいても外の自然(植栽)を見て、外との繋がりを感じさせるよう意識しました。

リビングには大きな吹抜を採用し、明るく広々とした空間となるようにしました。

詳細についてもっと知りたい方は、是非 詳しい情報をこちらからご覧ください!

各種SNSも更新しておりますので、こちらも覗いてみてください!!
◆アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所 Instagram
◆アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所【工事現場の様子】Instagram
◆クラッセ・ファクトリー Instagram
◆Youtubeチャンネル Youtube