ALL
MENU

ブログ

家づくり・現場の様子

基礎工事のコンクリ打設は3回

2022年12月5日

今回は基礎工事のコンクリ打設について、お話しします!

はじめに、基礎のコンクリ打設は3回にわけて行われる事はご存じでしょうか?

以下の順番で打設します。

  1. 捨てコン
  2. ベース
  3. 立上り部分

1、捨てコン

基礎の位置を正確に出す為に墨出しをしたり、地盤を平坦にする役割を担っています。なので、基礎工事でも序盤にて行われます。

2、ベース

鉄筋が組み終わると、ベースコンの打設を行います。ベースコン打設と立上り部分を分ける理由は、立上り部分の型枠が組めない為。なので新たに別日で立上り部分を打設します。

3、立上り部分

型枠を組み、コンクリ打設します。養生の期間を設けて脱型して完成!

基礎の立上り部分のコンクリ打設の様子を撮影してきたので、ご覧ください!

ホースでコンクリを流し込みます。
空気を抜いていきます。

コンクリ打設の際は、空気を抜く作業をしないとコンクリートの強度が下がってしまいます。

表面を͡コテで仕上げます。

立上り部分のみ、最後にセルフレベリング材を流して仕上完了です。

(セルフレベリング材とは、高さを一定にしてくれる便利な材料)

以上、基礎工事のコンクリ打設についてでした!

こちらの記事も人気です

お問合せ

「アトリエのホームページを見て」と
お気軽にお電話ください

0774-25-5333

営業時間:AM10:00-PM7:00