宇治・城陽 京都の注文住宅「アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所」

主な仕事内容について教えてください

建築士のメインの仕事は、建築物の設計や工事の監理などです。仕事をするためには、まずはお客様がいないと始まりません。ですからまずは「こんな建物を造ってほしい!」というお客様からの依頼を受けることからスタートします。
「建物はどんなデザインにしたいか」「建物内の構造はどうするか」「予算はどのくらいか」など、建物を建てるためのヒアリングをじっくりと行います。お客様の意見やご希望などを聞き、アイデアを出し合いながら建物のイメージを膨らませていきます。その際、建物のデザインだけではなく、そこに住む人やその場所を利用する人の気持ちを考えながら、使いやすさ・居心地の良さなども考えることが大切です。 建物のイメージが決まったら、実際にイメージを形にする作業に入ります。CADという設計ソフトを使って図面を描いたり、手作業で描いたり、3Dパースを使ったりと、さまざまな方法で建物の大体の構造を作っていきます。そのあとは、階段の場所や柱のデザインなど、建物内の細かな部分を決めていき、お客様のイメージに合うような建物の設計図を完成させていきます。 作成した設計図や予算の見積もりなどに対して、お客様からOKを貰えたら、次はいよいよ実際の施工に入ります。現場での施工は、専門の職人さんが行います。建築士は、各工事を担当する現場監督や施工管理技士の方と打ち合わせをしたり、工事全体の進み具合を確認したりします。現場の状況を見ながら、工事業者の方と相談し合い、設計を修正することもあります。 こうして工事の全てが完成したら、いよいよお引渡しです。設計書に食い違いがないか、汚れや傷などがついていないか、お客様が立会いのもとで一緒にチェックします。その後、お客様から建築にかかった費用をお支払い頂き、完成・お引渡しとなります。

この仕事を選んだきっかけを教えてください

最初は照明プランナーからのスタートでした。
そこからリフォーム→新築設計へと幅を広げていきましたが、今でも照明は大好きです。

この仕事のやりがいを教えてください

設計士としてお客様からお伺いしたイメージを建物-インテリア-照明計画-外構とトータル提案できる事がやりがいです。
子育てや共働きの経験を活かしながら、家族構成の変動や住まい方を共有し、アドバイスさせていただきます。

今注目している技術や工法

高気密・高断熱+SE工法でワイドスパンの木造住宅

これから家を建てる方へのメッセージをお願いします

初めて家を建てる方には、ご予算配分も大切な課題です。
せっかくの注文住宅、何を優先して家を建てていくのか迷うところです。
たくさんの〇〇したいを形にしていけるよう一緒に考えていきましょう。

得意とするデザインや特徴

「カフェみたいなお家」大好きです。このキーワードで造作からキッチンレイアウト、家具まで使いやすくトータル提案いたします。

オシゴトの道具

アトリエ・クラッセ オフィスの造作カウンターデスク。
幅広の一枚カウンターなので使いやすくついつい散らかし気味に…

Profile

一級建築士

一級建築士・二級建築施工管理技士・耐震診断士

福井県吉田郡 出身
日本女子大学 卒
趣味:テニス・飲み歩き

Architect Portfolio

アトリエ・クラッセの一級建築士ポートフォリオ

  • 福地 裕美
  • 大橋 要
  • 桑野 由紀恵
  • 高士 絢也
ATELIER CLASSE
コンテンツ一覧